RSS | ATOM | SEARCH
春はいかなご
いかなご釘煮
このあたりでは春になると「いかなごの釘煮」を作ります。
いかなごの稚魚を甘辛く煮たもので、ご飯が何杯もおかわりできそうな美味しさです。
昨年の初挑戦は失敗。
砂糖が少なすぎたのと焦がしてしまったので、ほろ苦い味でした。
今年は料理上手な父に作り方を聞いてみました。
材料の分量はお店にリーフレットなどが置いてありますから割愛します。
4原則として
「ふたはしない、触らない、水を入れない、水で洗わない」のだそう。
その他のポイントとしては
・その日に入荷した新鮮ないかなごを用意
・いかなごを水で洗う場合はさっと洗って30分以上水切りする
・あくを取るときに煮汁をとりすぎない。
・煮汁が少なくなったら弱火にして焦がさない
・煮詰めたらすばやくざるに移してうちわで冷ます
などでした。
さっそく作ってみたところ、父の味には及ばないものの
昨年よりはずっと上手くできました。
今年は何回か作って、コツをつかむつもりです。

釘煮をいただくと春が来たと実感します。
近所では梅がきれいに咲いていました。
梅
author:家具の至, category:生活(ごはん・レシピ), 22:54
comments(2), trackbacks(1), - -
Comment
こんにちは。
私のブログにコメントをいただいて、ありがとうございました。
私のほうこそ、どうしたらこんなにツヤツヤぴかぴかに仕上がるのか教えていただこうかなーとずうずうしいことを考えていました。今日炊いたのは味はちょうどよかったのですが、見た目がなんだかどす黒いんです・・・。おうちによっていろいろなレシピがあるみたいですが、きれいに炊くのは本当に難しいですね。では、またお邪魔させていただきます!
sawarax, 2006/03/22 9:19 PM
sawaraxさん、コメントありがとうございます。
ちょうど炊いたタイミングが近かったので、思わずコメントさせていただいた次第です。
上の1回目は砂糖がかなり多めで(340グラム)、その上はちみつを少し入れたのでツヤがでたのかもしれません。
先日の2回目は砂糖を減らし(240グラム)、みりんもなくしたところ、色があまりよろしくない仕上がりでした。
私の方からもまたお邪魔させていただきますね〜。
しまえび, 2006/03/23 1:13 PM









Trackback
url: http://blog.itaru-design.com/trackback/301805
「いかなご漁」!「本格化」!!アキちゃんのお土産ーっ!!
3月1日に「解禁」となった 「いかなご漁」が 「本格化」してきました。 今年は「新子」(しんこ) (今年生まれた「いかなごの稚魚」 の量は多いらしいのですが 「型が小さく「値」が あまり付かないとの事です。 写真は「漁師のアキちゃん」が 今日 持って来てくれ
自転車屋男, 2006/03/08 2:58 PM