RSS | ATOM | SEARCH
正倉院展
奈良の「正倉院展」と「応挙と芦雪展」に行ってきました。
国立博物館に9時半着。
見終わって外に出たら、入館まで1時間待ちになっていました。
チケットは駅の構内で前売りを買うと安いのでオススメです。

正倉院宝物は、1250年間前に聖武天皇が崩御されたとき
お后が東大寺に遺品を献納したのが始まりと言われています。
16年ぶりに巻頭から巻末まで展示されるという
『国家珍宝帳』(目録)の前では特に人だかりができていました。

繊細で華麗なお宝がたくさんありました。
漆が使われたものも数多く展示されています。

奈良時代というととても古く感じますが
9000年前からある日本人と漆の歴史を思うと
1250年前など「ついこの前」なのかもしれません。

こちらは東大寺の二月堂からの眺めです。
二月堂からの眺め
author:家具の至, category:生活(おすすめ情報), 13:13
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.itaru-design.com/trackback/457588