RSS | ATOM | SEARCH
関帝廟



一日休みがとれたので、神戸の関帝廟に参拝してきました。

入口のところでお線香と紙銭を買い、中国式に拝みます。
「紙銭」は「金紙」「銀紙」「寿紙」と3種類あり、
今回は「金紙」を神様へ送りました。
送金方法は炉で紙に火をつけて燃やします。





門には複雑な木彫りがなされています。
天井の絵はどのような題材の絵かよくわかりません。
虎と青年の絵は武松かな?





本堂の脇にひっそりとおわします謎の神様。
以前に係りの方に「こちらは何ですか?」と聞くと
「犬‥‥?」とのお返事でした。


参拝の仕方が神社やお寺より少し複雑なためか
終わったあとに充実感を得られます。



author:家具の至, category:-, 15:03
comments(0), -, - -
Comment