RSS | ATOM | SEARCH
国宝展


京都国立博物館の国宝展に行ってきました。



時代やジャンルを超えてたくさんのお宝が展示されています。
一番の目的は、めったに出ることのない大徳寺の曜変天目です。

夕方前に行ったら入館までの待ち時間もなく
曜変天目を目の前で見るための列も10分程度でした。
人垣の後ろからなら待たずに見ることができます。

藤田美術館の曜変天目も好きなのですが
こちらのお茶碗の美しさも格別でした。
見込みの底の部分が特に輝いているので
並んで拝観するのがおすすめです。

他には青磁の花入れ、徽宗皇帝の山水図が印象に残りました。

展示期間によって出品が異なるので
できればまた足を運びたいものです。


author:家具の至, category:-, 12:21
comments(0), -, - -
Comment