RSS | ATOM | SEARCH
美に触れる


新選組でお馴染みの京都壬生寺の向かいにある清宗根付館に行ってきました。

建物自体、武家屋敷をそのまま美術館にしているそうです。
根付は現代作家の物が大半でちょっとイメージしていたものとは違いましたが、
根付の現代作家がこんなにいるんだという驚きがありました。

続いて銀閣寺と南禅寺の中ほどにある泉屋博古館へ。



こちらは今まで行ったことのある美術館のなかでも屈指の素晴らしさです。
企画展の『文化財よ、永遠に』も修理の様子を知ることができてとても良かった。

圧巻は中国の青銅器。
3000年ほど昔の素晴らしい技術の結晶です。
奈良の仏像館にも青銅器はあるけれど、ここの青銅器は迫力が桁違いでした。
一度は見てほしいなぁ。



南禅寺の三門前を通りました。
もうすぐ紅葉が始まったらもっと美しいだろうな。
author:家具の至, category:-, 17:18
comments(0), -, - -
Comment