RSS | ATOM | SEARCH
柳宗悦展
柳宗悦展

大阪歴史博物館に柳宗悦展を見に行ってきました。

普段の暮らしの中にあるモノ
そこにある力強さ、美しさ。

そんなモノの見方が出来れば
毎日が楽しいだろうなと思います。




author:家具の至, category:生活(おすすめ情報), 16:41
comments(0), -, - -
狛犬と招き猫


安藤昇さん作の狛犬と招き猫。

工場の神棚に是非狛犬をと。

愛知県の岡崎市で友達に連れられていった展覧会で
安藤昇さんの作品を見て、ひと目惚れで手に入れました。

眺めてニヤニヤ、手にしてニヤニヤ。

気に入るっていい気分です。




author:家具の至, category:生活(おすすめ情報), 11:29
comments(0), -, - -
十日えびす
商売繁盛を祈願する「十日えびす大祭」へ行ってきました。
いつも混雑するので今年は朝早くに出発。
ひんやりした朝の空気の中での参拝は
とても清々しいものでした。

十日えびす

今年もがんばります!!

author:家具の至, category:生活(おすすめ情報), 13:44
comments(0), -, - -
時計の修理


柱時計を修理に出しました。
ねじで巻いてボンボン音のする古い時計。
裏には昭和15年の文字。

以前、分銅が紛失していて修理出来ないと言われて
ずっと気に掛けていた時計です。

神戸で修理出来ますと言ってくれた時計屋さんがいらっしゃったので
嬉しかったです。
一緒に腕時計のオーバーホールもお願いしてきました。

帰ってきたらまた紹介いたします。
お楽しみに。


author:家具の至, category:生活(おすすめ情報), 22:57
comments(0), -, - -
作家の猫
最近工場に泊まるほど忙しい日が続きました。
仕事をいただけるというのはありがたいことです。

そんな時に出会った癒しの一冊

作家の猫

夏目漱石、大佛次郎、幸田文といった作家と
愛猫が紹介されています。
写真が素晴らしい。
特に室生犀星と猫のジイノの写真は和みました。
室生犀星記念館のサイトに掲載されています。
(リンクご快諾いただきました)
火鉢に手をかけて暖をとる猫、可愛すぎます。

記念館には猫たちの絵はがきもある様子。
今度金沢へ行ったらぜひ訪れてみたいです。

author:家具の至, category:生活(おすすめ情報), 18:05
comments(0), -, - -
Harry ライヴに行ってきました
神戸VARITで行われたハリーさんのライヴに行きました。
お一人のライヴだったのですが
もう、もう、最高。

こじんまりした会場に
Harryのギターと歌のみ。
もう、もう、もう、最高。



author:家具の至, category:生活(おすすめ情報), 21:54
comments(0), -, - -
『ルナの子供』
友人の奥真紀子さんが映画に出ます。

『ルナの子供』
■監督 鈴木章浩
■渋谷UPLINK X 11/7(土)〜11/20(金)
公式サイト

三話オムニバスの映画で、
その中の『美月の物語』の主演を務めるそうです。
声優として頑張ってきた彼女の姿を
スクリーンで見るのが楽しみです。
author:家具の至, category:生活(おすすめ情報), 11:49
comments(0), -, - -
美しきアジアの玉手箱
発送作業を終えたあと神戸市立博物館へ行ってきました。
シアトル美術館所蔵の東洋美術コレクション。
浦島蒔絵手箱が目当てでしたが、それ以上に心奪われたのは「鹿下絵和歌巻」。
本阿弥光悦(書)と俵屋宗達(画)の作品です。
鹿たちが金銀泥で生き生きと描かれている。
飛び跳ねたり水を飲んだりしていて、その様がとても愛らしい。
光悦の流れるような書も美しい。癒されました。

正倉院展のチラシをもらってきました。
今年ももうそんな季節ですか。
このデザイン、簡素だけど素敵です。
正倉院展チラシ

こちらの展覧会も面白そう。京都です。
チラシ2
author:家具の至, category:生活(おすすめ情報), 17:09
comments(0), -, - -
1300歳の美少年
昨年の正倉院展の時から楽しみにしていた
阿修羅展へ行ってきました。
背後から拝むのは初めて。少しずつ角度を変えて見ると、阿修羅さまの表情が変化するのが新たな発見でした。
特に背後から見た左側の横顔の美しいこと!女性のようでした。
朝日新聞の号外によると体重は約15kg。漆や麻布などで作られているので軽いのです。
興福寺は何度も火災にあっていますが、そのたびにお堂から運び出されて助かったとか。
もし軽い乾漆造りではなかったら、残っていなかったかもしれません。

夕日を映す不忍池
不忍池
author:家具の至, category:生活(おすすめ情報), 18:11
comments(0), -, - -
宇宙
曜変天目
藤田美術館(大阪市)秋季展「渡来した陶磁器」が素晴らしかった。
写真は国宝「曜変天目茶碗」。
曜変天目は世界に3碗しかなく、全て日本にあります。
春に見た静嘉堂文庫美術館のものに比べると落着きがあるように感じました。私はこちらが好み。朱漆の繕いもアクセントになっている。
茶碗の中に宇宙がある。まさにそんな印象です。
残る1碗は大徳寺にあるとか。いつか拝見したい。

近所の銀杏が今年もきれいに色づきました。

銀杏
author:家具の至, category:生活(おすすめ情報), 23:16
comments(0), -, - -