RSS | ATOM | SEARCH
高麗青磁
技術専門校時代の同期が山梨から大阪に来ていて
一緒に大阪市立東洋陶磁美術館に行ってきました。

中之島図書館で待ち合わせ。
明治に建てられたレトロな建物です。


特別展「高麗青磁 ヒスイのきらめき」
展示品は一部をのぞき、撮影可能。


今回一番のお気に入り、「青磁陽刻菊花文輪花形碗」。
翡翠のような色と優美な形が美しかったです。
author:家具の至, category:-, 19:30
comments(0), -, - -
残暑お見舞い申し上げます


お盆です。
今年の暑さは格別ですね。
今の工場はそれほど暑くはないとはいえ、36℃くらいの室温にはなります。
熱中症にならないように今年から空調服を着ています。
空調服いいですね。
汗で服がベタベタすることがありません。

それともうひとつ。
子供の頃使っていたかき氷削り機のキョロちゃんを実家から持ってきました。
キョロちゃんで削ったかき氷を食べていると、夏は良いなと思います。
皆様もどうかご自愛下さい。
author:家具の至, category:-, 10:16
comments(0), -, - -
地震
大阪地震が起きた時、車で通勤中でした。

工場に着くと建物や設備は大丈夫でしたが
材料が倒れていました。
工場に居たら危なかったと思います。

普段から、地震が来たら危ないなと思いつつ
対策をしてきませんでした。
防災は「いつかやろう」ではダメですね。

心配してくださった皆様、ありがとうございました。
author:家具の至, category:-, 10:16
comments(0), -, - -
池大雅


会期ぎりぎりで京都国立博物館の池大雅展へ。
休日なのに、平日に行った国宝展より空いており
わりとゆっくり観覧できました。

伸びやかで明るい作品が多く、
ゆるキャラのような絵もあってほっこりします。

様々な書体を自由に操る力量に圧倒されました。

妻の玉瀾さんとの共作「離合山水図」
瀟湘八景を描いた「東山清音帖」
が特に印象に残りました。
author:家具の至, category:-, 16:30
comments(0), -, - -
朋有り遠方より来たる
2月、九州の木工家の友人が
竹中大工道具館を見に神戸に来るとのことで、
私も企画展を見に行ってきました。

「木の国フィンランドの伝統と革新」という展覧会で
フィンランドのニカリ社とフィスカルス村の作家さんたちが
紹介されていました(写真撮影OK)。





シンプルで温かみのあるデザインの家具や小物。
中でも木のハンドバッグは軽やかな印象で
使ってみたいと感じるものでした。



友人と会うのは15年ぶりくらい。
会社員として木工の仕事をしながら
自分の作品を作り続けているそうです。

「昔は桜とか楓とか女子っぽい木が好きだったけど
最近は趣味が変わってきた」とのこと。
自分は木の種類を性別で考えたことがなかったので
やはり感性豊かな人は違う、などと感心したのでした。
author:家具の至, category:-, 12:59
comments(0), -, - -